施工管理技師への転職はベストと言われるのは何故

施工管理技師は、ある意味で引く手あまたです。

なぜそのような状態になっているのか、建築土木や周辺の業界も含めてその理由を考えてみましょう。

■直近の需要から長期的の需要まで。

建築・土木関連の業界が復興を遂げている理由は、直近でいえばオリンピック需要とインバウンド需要にともなう宿泊施設・商業施設の建築です。

都市部の再開発にともなう商業ビルの再構築もあります。

長期的にみると、人口の過疎化にともなう町のダウンサイジング、インフラ設備の修復、あるいは耐震、地盤改良などもあります。

インフラで課題になっているのは、電気、上下水道、電柱の地中化などもあります。

■転職に有利であることは間違いない。

日本国内に山積している課題がすべて建築・土木に直結しているわけではありませんが、町のダウンサイジングを実行すれば、建物も道も橋も、上下水道などもすべて関係してきます。

都市部においては超高層ビルの建築が相次ぎ、保育所などの不足問題が急浮上しています。

施工管理技師は、単純に言ってしまえば、このような現場が増えるだけ必須となる職業です。

転職として有利であることは間違いありません。

■施工管理技師には、エンジニアリング会社の施工監理はもちろん、電気エンジニア、プラントエンジニアなどの領域もあります。

今後20年~30年、施工管理技師は安定した職業です。

また施工管理と言っても領域は幅広く、選択肢はいくつにも広がっています。

建築・土木の資格を取得して転職に成功したら、他のエリアの資格を取得して多方面で将来の基盤をつくることも不可能ではありません。